防府天満宮梅まつり 2023 見頃や開花状況は?駐車場やアクセスも解説!

防府天満宮の梅

山口県防府市松崎町にある防府天満宮は、日本で最初に創建された天満宮とされており、学問の神様としてあがめられている菅原道真(すがわらのみちざね)をまつった神社で、日本三天神のひとつと呼ばれています。

また、本殿をはじめ、境内の建造物の多くは、国の登録有形文化財、県の有形文化財などに指定されています。

境内では、見頃となる2月中旬から3月上旬にかけて、約16種類の1100本の梅の花が咲き誇り、境内は梅の香りでに包まれ、多くの花見客で賑わいます。

この記事では、「防府天満宮梅まつり 2023 見頃や開花状況は?駐車場やアクセスも解説!」と題して防府天満宮の

・例年の梅の開花時期や見頃時期

・統計からの2023年の6~7分咲き以上となる可能性が高い期間

・鑑賞時間や場所などの詳細

・周辺の駐車場情報やアクセス

を紹介していきたいと思います。

防府天満宮の梅の見頃や開花状況について

防府天満宮の梅の見頃や開花状況は?

さて、まず梅の見頃や開花状況について、ご紹介します。

見頃や開花の時期ですが、

・見頃は例年通りであれば、2月中旬~3月上旬ごろ

・開花は1月初旬ごろ

となります。

次に、これまでの開花状況についてご紹介しておきます。

ツイッターや開花状況を示しているサイトなどで過去3年分の開花状況を調査してみましたが、

・2022年は2月24日~3月13日

・2021年は2月21日~3月2日

・2020年は2月8日~2月21日

までが6分~7分咲き以上で特に見頃という投稿や写真が多くありました。

また、2020年は例年よりも開花が早く、見頃終わり時期が早いという記事が多くありました。

本来、見頃時期が重複する期間が2023年においても見頃となる可能性が高いと考えられますが、過去3年間では重複する期間が無いため、公式ホームページの情報もしくはツイッターなどで確認の上見に行くようにしましょう。

防府天満宮の詳細について

さて、梅の見頃についてご紹介しましたが、次に防府天満宮の詳細情報についてご紹介します。

防府天満宮

拝観時間6:00~20:00
住所〒747-0029 山口県防府市松崎町14-1
トイレ有り
入園料拝観無料
※歴史館入館料 大人500円 高校生以下無料
駐車場無料駐車場あり
電話防府天満宮 0835-23-7700

梅の見頃時期に合わせて防府天満宮梅まつりが開催されます。

開催時期は例年2月下旬から3月上旬にかけて、イベント内容は、

・稚児舞

・甘酒接待

・人形感謝祭

などが開催されます。

公式ページもご紹介しますので、参考にしてください。

参考URL:日本最初の天神さま(防府天満宮)

防府天満宮の駐車場やアクセスは?

駐車場について

防府天満宮には周辺に駐車場がありますので、ご紹介します。

防府天満宮梅林駐車場

住所〒747-0029 山口県防府市松崎町14-1
営業時間終日
収容台数約70台
料金無料
距離防府天満宮梅林まで徒歩約3分

天神山公園駐車場

住所〒747-0029 山口県防府市松崎町14-1
営業時間終日
収容台数約400台
料金無料
距離防府天満宮梅林まで徒歩約5分

天神山公園駐車場について、梅まつりなどのイベント時には、大変混雑が予想される他、駐車スペースが狭いため、駐車には注意が必要です。

上記以外の駐車場として、防府天満宮梅林周辺には、無料駐車場がいくつか点在しており、防府天満宮まで徒歩約7分程度のところに、『まちの駅観光客駐車場(駐車可能時間が午前9時~20時、収容台数約34台)』や『観光駐車場(駐車可能時間が午前9時~19時、収容台数約25台』などがあります。

アクセスは?

防府天満宮までのアクセスは下記の通りとなります。

車の場合

福岡(福岡)方面から

福岡都市高速環状線 → 千鳥橋JCT/福岡IC → 福岡都市高速1号香椎線 → 貝塚JCT → 福岡都市高速4号粕屋線 → 山口/北九州方面出口 → (九州縦貫自動車道) → 中国縦貫自動車道/中国自動車道 → 山口JCT → (吹田山口線/山陽自動車道) → 防府西IC → 防府バイパス/国道2号 → 新橋/県道54号 → 現地

【所要時間】2時間25分 174km

浜田(島根)方面から

山陰自動車道/国道9号 → 石見三隅IC → ゆうひライン/国道9号 → 遠田IC → 国道187号/国道9号 → 国道315号 → 県道123号 → 国道489号 → 県道184号 → 現地

【所要時間】2時間30分 132km

電車の場合

山陽本線 防府駅下車、徒歩約20分

まとめ

ということで、「防府天満宮梅まつり 2023 見頃や開花状況は?駐車場やアクセスも解説!」と題してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

内容をまとめておきますと、

まとめ
  • 見頃の時期は、例年通りであれば2月中旬~3月上旬ごろ
  • 過去3年の期間でみると、見頃が重複する期間がないため、公式サイトやSNSなどで開花状況を確認の上計画すること
  • 2月下旬から3月上旬にかけて防府天満宮梅まつりが開催される
  • 防府天満宮周辺には収容台数約70台で無料の駐車場が利用可能(その他多数あり)

ということでしたね?

防府天満宮では、『梅は天神さまのシンボル』とされており、見頃時期には、境内一杯に梅が咲き誇り、ふくよかな香りに包まれ、春を感じることができるでしょう。

また、県内で最も美しいと言われるしだれ梅は必見です。しだれ梅のある梅林からは楼門が近く、梅の花と楼門を合わせ見ることができ、圧巻の光景ですのでおすすめです。

ぜひ、春のひとときを過ごしに、防府天満宮梅林へお出かけしてみてはいかがでしょうか。