紅葉

京都曼殊院門跡の紅葉2022見頃は?混雑やアクセス、駐車場も解説! 

京都曼殊院門跡の紅葉

京都市左京区にある曼殊院門跡ですが、最澄が開いた古刹であるとともに、霧島つつじ、椿、ソメイヨシノ、百日紅など、四季を通じて花を楽しむ事ができることでも有名です。

また、美しい紅葉をみる事ができることでも知られており、見頃となる11月中旬から12月上旬には、見どころである枯山水庭園と赤く染まった綺麗なカエデの紅葉を見るために多くの人が訪れます。

この記事では、「京都曼殊院門跡の紅葉2022見頃は?混雑やアクセス、駐車場も解説! 」と題して、曼殊院門跡の

・例年の紅葉の色づきはじめの時期や見頃時期や混雑時期

・統計からの2022年の6~7分以上が紅葉する可能性が高い期間

・拝観時間や場所などの詳細

・周辺の駐車場情報やアクセス

を紹介していきたいと思います。

この記事は約4分で読む事ができます。

autumnleaves
真如堂の紅葉2021見頃の時期や混雑は?アクセスや駐車場も解説!京都府の洛東にある真如堂ですが、永観堂から歩いて15分ほどの場所にある天台宗のお寺で、「うなずきの阿弥陀」と呼ばれる本尊の阿弥陀如来は、...
最上山公園もみじ山の紅葉2021見頃は?アクセスや駐車場も解説!兵庫県宍粟市にある最上山公園には、篠ノ丸城跡や展望台があり、憩いの場として親しまれています。 また、もみじの木約3000本があり、...

曼殊院門跡の紅葉の見頃や混雑時期について

曼殊院門跡の紅葉の見頃時期は?

さて、まず紅葉の見頃時期について、ご紹介します。

見頃時期ですが、

・見頃は例年通りであれば、11月中旬〜12月上旬ごろ

・色づき始めは11月上旬~中旬ごろ

となります。

次に、これまでの紅葉の状況についてご紹介しておきます。

ツイッターや紅葉の状況を示しているサイトなどで過去3年分の紅葉状況を調査してみましたが、

・2021年は11月18日~11月29日

・2020年は11月15日~11月26日

・2019年は11月21日~11月30日

までが6分~7分以上が紅葉し、特に見頃という投稿や写真が多くありました。

そのため、重複する期間が見頃となる可能性が高いと考えられることから、2022年について統計的には、

見頃期間

11月21日~11月26日

が6~7分以上が紅葉する見頃時期となる可能性が一番高いでしょう。

曼殊院門跡の紅葉の混雑時期は?

曼殊院門跡は紅葉でも有名な場所のため、見頃の時期になると多くの観光客が紅葉を観賞に訪れます。

そのため、土日祝日は駐車場が満車になるなど、かなり混雑が予想されますので、行かれる際はご注意ください。

見頃の時期と照らし合わせると2022年は、

  • 11月19(土)・20日(日)・23日(祝)・26日(土)・27日(日)の特に午後

が混雑すると考えられますので、できるならば避ける方が無難でしょう。

しかし、これらの日に行かれる場合は、混雑する時間帯をずらすようにし、午前中の早い時間帯、できれば開門時間近くの9時近くに行かれることをおすすめします。

曼殊院門跡の詳細や見どころ、ライトアップについて

さて、紅葉の見頃時期についてご紹介しましたが、次に京都曼殊院門跡の詳細情報についてご紹介します。

曼殊院門跡

拝観時間9:00~17:00(受付は16:30まで)
住所〒606-8134 京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
トイレ有り
拝観料一般 600円、高校生 500円、小中学生 400円
駐車場有り、有料
紅葉の種類カエデ、イチョウ、モミジなど
紅葉の見どころ枯山水庭園と赤く染まったカエデとのコントラスト

ライトアップについて

京都曼殊院門跡での夜間拝観(ライトアップ)については、残念ですが、2021年をもって終了することが決定しているそうです。

公式のURLをご紹介しますので、そちらも参考にして下さい。

参考URL:曼殊院門跡ホームページ

曼殊院門跡の駐車場やアクセスは?

駐車場について

曼殊院門跡の周辺に駐車場がありますので、ご紹介します。

曼殊院駐車場

住所〒606-8134 京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町
営業時間京都曼殊院門跡の開門時間に準じる
収容台数約50台
料金無料
距離京都曼殊院門跡まで徒歩約1分

アクセスは?

曼殊院門跡までのアクセスは下記の通りとなります。

車の場合

大阪方面から

(阪神高速11号池田線) → 豊中南IC → (名神高速道路/西宮線) → 京都東IC → 三条通り/府道143号 → 仁王門通り/市道182号 → 市道182号/白川通り → 曼殊院道 → 曼殊院道/府道104号 → 曼殊院道 → 現地

【所要時間】約1時間10分(67km)

神戸(兵庫)方面から

(阪神高速3号神戸線) → (名神高速道路/西宮線) → 京都東IC → 三条通り/府道143号 → 仁王門通り/市道182号 → 市道182号/白川通り → 曼殊院道→ 曼殊院道/府道104号 → 曼殊院道 → 現地

【所要時間】約1時間30分(87km)

電車の場合

叡山電車「修学院駅」下車後、徒歩約20分

まとめ

ということで、「京都曼殊院門跡の紅葉2022見頃は?混雑やアクセス、駐車場も解説! 」と題してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

内容をまとめておきますと、

まとめ
  • 見頃の時期は、例年通りであれば11月中旬〜12月上旬ごろ
  • 過去3年の重複した期間でみると統計的には2022年は11月21日~11月26日が6~7分以上が紅葉する可能性が高い。
  • 2022年の混雑時期は・11月19(土)・20日(日)・23日(祝)・26日(土)・27日(日)の午後の可能性が高い
  • 夜間拝観(ライトアップ)は2021年で終了することが決定
  • 京都曼殊院門跡には収容台数が約50台の参拝者用の無料駐車場あり

ということでしたね?

曼殊院門跡の紅葉の時期が過ぎると本格的な冬に入っていきますが、秋が深まる季節の紅葉は感動を与えてくれますので、是非行かれてみてはいかがでしょうか。

今年はまだ、新型コロナウイルスの影響はあると思いますので、新型コロナウイルス感染予防のための対策はしっかりとっていただきながら、楽しむようにしてくださいね。