花のイベント

万博記念公園のコスモス2021開花状況や見頃は?アクセスや駐車場も!

banpaku

万博記念公園は1970年に大阪万博が開催された場所で、万博の後は公園として憩いの場として多くの方に利用されています。

そして、万博記念公園では、10月の時期には自然文化園内でコスモスを見る事ができ6種類、13万本が咲き乱れます。

そこで今回は、「万博記念公園のコスモス2021開花状況や見頃は?アクセスや駐車場も!」と題して紹介していきたいと思います。

万博記念公園のコスモスの開花状況や見頃、万博記念公園について

見頃の時期について

さて、まずコスモス開花状況や見頃について、ご紹介します。

見頃の時期は、

・例年通りであれば10月上旬から11月中旬までが見頃

・コスモスの咲き始めは9月の下旬ごろ

となります。

ツイッターや公式サイトでコスモスの開花状況を過去2年分を調査してみましたが、見頃は2019年、2020年ともに10月末から11月初旬がピークでした。

しかし、見頃の時期は年によって変わりますので、開花状況については下記の公式サイトで随時更新していますので、参考にしながら計画を立ててみてくださいね。

参考サイト:万博記念公園公式サイト

万博記念公園(自然文化園)について

コスモスの見頃についてご紹介しましたが万博記念公園はかなり広いため、コスモスを見る事ができる場所についても迷わないように基本情報を掲載しておきます。

万博記念公園(自然文化園内 花の丘)

【開園時間】9:30~17:00(最終入園16:30)

【場所】万博記念公園自然文化園内花の丘

【コスモスの種類】センセーション、シーシェル、イエローキャンパスなど約6品種

【入園料】大人260円 小中学生80円

【駐車場】有り

万博記念公園の駐車場やアクセスは?

駐車場について

万博記念公園はいくつか駐車場がありますので、ご紹介します。

万博記念公園駐車場(西第2駐車場)

【住所】〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園11

【料金】平日:2時間以内410円、2~3時間620円、3~4時間830円、4時間以上1,100円土日祝日:2時間以内620円、2~3時間930円、3~4時間1240円、4時間以上1,600円

【収容台数】約250台

【営業時間】10:00~25:00

【距離】万博記念公園花の丘まで徒歩9分

万博記念公園の西側の駐車場です。

他にある駐車場の中で1番近い駐車場となりますので、花の丘へ行く際はこちらをご利用ください。

万博記念公園駐車場(西駐車場)

【住所】〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園10

【料金】

平日:2時間以内410円、2~3時間620円、3~4時間830円、4時間以上1,100円

土日祝日:2時間以内620円、2~3時間930円、3~4時間1240円、4時間以上1,600円

【収容台数】691台

【営業時間】9:00~21:00

【距離】万博記念公園花の丘まで徒歩12分

万博記念公園西第2駐車場と同じく、西側の駐車場です。

万博記念公園西第2駐車場の次に近い駐車場となりますので、車でのアクセスの関係や第2駐車場が混雑している場合にはこちらをご利用ください。

万博記念公園までのアクセスは下記の通りとなります。

車の場合

京都方面から

(第二京阪道路) → 久御山JCT → (京滋バイパス) → 大山崎JCT → (名神高速道路西宮線) → 吹田JCT → 府道2号 → 府道129号 → 現地

神戸(兵庫)方面から

(阪神高速3号神戸線) → 名神高速道路西宮線 → 吹田JCT → 府道2号 → 府道129号 → 現地

電車の場合

大阪モノレール万博記念公園駅下車、徒歩6分

まとめ

ということで、「万博記念公園のコスモス2021開花状況や見頃は?アクセスや駐車場も!」と題してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

内容をまとめておきますと、

まとめ

・万博記念公園のコスモスは10月上旬から11月中旬までが見頃

・中でもコスモスの見頃のピークはここ2年は10月末から11月初旬

・コスモスが見られる花の丘まで1番近い駐車場は西第2駐車場

ということでしたね?

コスモスの時期が過ぎると本格的な冬に入っていきますが、初夏と同じく1年で最も爽やかな時期ですので、是非お出かけに行ってみてはいかがでしょうか。

今年はまだ、新型コロナウイルスの影響はあると思いますので、新型コロナウイルス感染予防のための対策はしっかりとっていただきながら、楽しむようにしてくださいね。