花のイベント

宗吾霊堂のあじさい2021開花状況やアクセス、駐車場について解説

成田市にある宗吾霊堂と呼ばれ広く親しまれているお寺ですが、正しくは鳴鐘山東勝寺宗吾霊堂といいます。

参拝客が多いことで有名な成田山新勝寺からも近く、参拝の帰りに寄って行かれる方も多いそうです。

このお寺では6月にあじさい祭りが開かれ、宗吾霊堂大本堂裏手に広がる境内には、在来アジサイをはじめ、ガクアジサイ、柏葉アジサイなど約7,000株のあじさいがあり、その中でも、柏葉アジサイが多い(1000株以上)ことで有名で、私たちの目を楽しませてくれます。

これから、宗吾霊堂へ車であじさいを見に行く方のために、「宗吾霊堂のあじさい2021アクセスや駐車場、混雑状況について」と題して宗吾霊堂のアクセスや駐車場、混雑状況について解説していきたいと思います。

宗吾霊堂のあじさいまつりや開花状況、見頃について

宗吾霊堂では、紫陽花が見頃の6月に紫陽花まつりを開催しています。この紫陽花まつりでは、紫陽花や農産物の販売が行われます。

では、宗吾霊堂のあじさいの開花状況や見頃はいつなのかと言いますと、

・開花状況:6月初めが咲き始め

・6月20日辺りが見頃

そして、紫陽花まつりの開催期間ですが、

・例年通りで行くと、6月6日(日)から6月27日(日)までの予定

となります。

見頃の情報については、ツイッターなどで見頃について書いてあるものを過去2年分調査してみましたが、2020年は6月17日辺りから6月下旬迄、2019年については6月20日辺りから2020年と同じく6月下旬まで記事の数が多くなっており、見頃になっているようでした。

また、紫陽花まつりについては、2020年は中止となり、2019年は6月2日(日)~6月23日(日)でした。今年は開催されることを願います。

宗吾霊堂のアクセスや駐車場について

アクセスについて

宗吾霊堂へのアクセスについては下記の通りとなります。

【住所】 〒286-0004 千葉県成田市宗吾1丁目558

車の場合は、東関東自動車道酒々井ICより約15分

電車の場合は、京成本線宗吾参道駅から徒歩15分

駅からバスを利用する場合は京成成田駅で下車し、京成成田駅中央口7番バス乗り場から「宗吾霊堂行き」バス乗車「宗吾霊堂」下車

駐車場について

宗吾霊堂には3か所の駐車場があり、いずれも無料となっていますので、それぞれ紹介しておきます。

旧客殿脇駐車場

【料金】無料

【収容台数】約20台

バス停前駐車場

【料金】無料

【収容台数】約10台

大型駐車場

【料金】無料

【収容台数】約15台

駐車場の営業時間について問い合わせてみたのですが、3か所とも駐車場の営業時間が何時までということはないらしいのですが、お寺のかたは4時ごろには帰ってしまうとのことでしたので、紫陽花を見に行く場合はあまり遅くならないようにしましょう。

宗吾霊堂のあじさいを見た帰りもしくは見る前に近くに成田山新勝寺がありますので、そちらへ寄っていくのもお出かけコースとしてはいいと思いますので、参考に関連記事を掲載しておきます。

関連記事:成田山新勝寺のアクセス方法は?車や電車、バス、徒歩について解説!

まとめ

ということで、「宗吾霊堂のあじさい2021開花状況やアクセス、駐車場について解説」と題して紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

まとめておきますと、

まとめ
  • 宗吾霊園の紫陽花は柏葉あじさいが多い(1000株以上)のが見どころで紫陽花全体では約7000株あり
  • 紫陽花の開花は6月初旬、見頃は6月20日頃
  • 紫陽花まつりは6月6日(日)から6月27日(日)までの予定
  • あじさいの見頃は6月上旬から7月上旬
  • 駐車場は宗吾霊園に3か所あり、いずれも無料

ということでしたね?

これから梅雨の時期に入っていくことで、見頃を迎える紫陽花。

この時期にしか見られないものですので、コロナ対策をきちんと取っていただきながら、紫陽花観賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。