菜の花

滝川の菜の花2023見頃や開花状況は?駐車場やアクセスも解説!

滝川の菜の花

日本一の菜の花の作付面積を誇る北海道滝川市。その歴史は意外に新しく、平成に入ってからなんです。
観賞用の菜の花ではなく、菜種油や菜の花キャンドル用に栽培されています。とは言え、「北海道感動の瞬間100選」に選ばれるなど、その知名度は全国的に知られています。

ここでは「滝川の菜の花2023見頃や開花状況は?駐車場やアクセスも解説!」と題して、

・例年の菜の花の開花時期や見ごろ

・過去の統計から2023年の6分から7分咲き以上になる可能性が高い時期

・鑑賞時間や場所の詳細

・周辺の駐車場やアクセス情報

などを紹介したいと思います。

滝川の菜の花の見頃や開花状況について

滝川の菜の花の見頃や開花状況は?

まず菜の花の見頃や開花状況についてご紹介します。

見頃や開花の時期ですが、

・見頃は例年通りであれば、5月中旬から6月上旬

・開花は5月上旬以降

となります。

次に、これまでの開花状況についてご紹介します。

ツイッターや開花状況を示しているサイト等で、過去3年分の開花状況を調査してみましたが、

・2022年は5月15日~6月5日

・2021年は5月17日~6月12日

・2020年は5月14日~6月7日

までが6分~7分咲き以上で、特に見ごろという投稿や写真が多く掲載されていました。

重複する期間が見頃となる可能性が高いため、統計的に見ると2023年は

見頃期間

・ 5月17日~6月5日

が、6分〜7分咲き以上の見頃となる可能性が一番高いでしょう。

その年の雪解け、天候によって大きく左右されるため、お出かけを予定されている方は天気予報やツイッターの情報をこまめにチェックしてください。

滝川の菜の花の詳細について

菜の花の見頃についてご紹介しましたが、「滝川」と「菜の花畑」の詳細を記載します。

冒頭でご紹介したように、滝川の菜の花は商業用に栽培されているため、毎年同じ畑で作付けをすると土のミネラルのバランスが悪くなって、上手く育たないそうです。

そこで年によって畑が違います。そのため下記に記載する住所はおおよその場所となります

また農家の方々が丹精込めて育てている畑なので、車は所定の駐車場以外の場所に止めないようお願いします。

滝川の菜の花

開園時間終日
住所〒079-0461 北海道滝川市江部乙町
トイレあり(数が少ない)
入園料無料
駐車場臨時駐車場あり
電話0125-23-1234(滝川市役所)

公式サイトもご紹介しますので、参考にしてください。

参考URL:滝川市役所

または、滝川市菜の花まつり公式サイト

たきかわ菜の花まつりについて

滝川では菜の花の見頃時期に合わせて、道の駅たきかわ特設会場にて「たきかわ菜の花まつり」が開催されます。
開催時期は例年、5月下旬となっています。
内容は、

・「菜の花タクシー」による、見頃を迎えた菜の花畑への案内(50分、1000円)
・週末のグルメ会場

などが予定されています。

滝川への駐車場やアクセスについて

駐車場について

臨時駐車場または道の駅をご利用ください。

道の駅たきかわ

(乗り合いのジャンボタクシー、菜の花バス、レンタサイクルあり)

住所〒079-0463 北海道滝川市江部乙町東11丁目13−3
営業時間終日
収容台数148台
料金無料
距離年によって変動あり

臨時駐車場

2022年は臨時駐車場は設置されませんでした。
場所や料金など参考として下記に記載しますが、年により変動する可能性がありますので、詳しくは、こちらのHPを参考にしてください。
参考URL:滝川菜の花まつり

営業時間9:00~18:00
収容台数約100台
料金500円
距離無料のシャトルバスが運行

アクセスは?

菜の花畑へのアクセスですが、ここではまつり会場となる「道の駅たきかわ」へのアクセスをご紹介します。

車でのアクセス

札幌市から

道央自動車道→ 滝川IC→  東大通/国道38号 → 道道564号→ 目的地

所要時間 約1時間半
距離   97キロ

旭川市から

国道12号/国道233号→ 江部乙東11(交差点) を左折→ 目的地

所要時間 約55分
距離   42キロ

電車でのアクセス

函館本線「江部乙駅」下車→ 徒歩9分
旭川より約1時間10分
札幌市より約2時間

まとめ

ということで、「滝川の菜の花2023見頃や開花状況は?駐車場やアクセスも解説!」と題して詳細をご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。

内容をまとめておきますと、

まとめ
  • 例年の見頃の時期は5月中旬から6月上旬
  • 過去3年の見頃の重複時期は5月17日~6月5日
  • 例年5月下旬に「たきかわ菜の花まつり」が開催され、週末のグルメツアーや見頃の菜の花畑への案内がある
  • 駐車場は道の駅たきかわと臨時駐車場(500円)利用

ということでしたね。

「北海道感動の瞬間100選」に選ばれるだけあって、上空からでも黄色の絨毯がはっきりと見て取れるほど見応えのある滝川の菜の花畑を一目見ようと、海外からも多くの人が訪れます。

一面を覆いつくす菜の花をバックに写真を撮りたいと思う気持ちは誰もが同じですが、滝川の菜の花畑は最初にもご紹介したように、農家の方々が丹精込めて育てていらっしゃいます。

それ故に、決められた区域以外に足を踏み入れたり、車を止めたりしないよう節度を守って鑑賞したいですね。