あじさい

藤森神社の紫陽花2022開花状況や見頃は?駐車場やアクセスも解説!

藤森神社のあじさい

京都市伏見区にある藤森神社ですが、京都市内でも有数の紫陽花を見ることができるスポットとして有名で、紫陽花の宮とも呼ばれています。

あじさいが鑑賞できる場所は「第一紫陽花苑」と「第二紫陽花苑」があり、見頃の時期となる6月上旬から7月上旬には合わせて約1,500坪の苑内に約40品種、3500株のあじさいが咲き誇り、多くの参拝客が訪れます。

この記事では、「藤森神社の紫陽花2022開花状況や見頃は?駐車場やアクセスも解説!」

と題して、藤森神社の

・例年のあじさいの開花時期や見頃時期

・統計からの2022年の6~7分咲き以上となる可能性が高い期間

・拝観時間や場所などの詳細

・周辺の駐車場情報やアクセス

を紹介していきたいと思います。

この記事は約4分で読む事ができます。

gansenjiajisai
岩船寺のあじさい2022開花状況や見頃は?駐車場やアクセス、ランチも解説!京都府木津川市にある岩船寺ですが、関西花の寺二十五ヵ所霊場の第15番札所になっていて、四季通じてウメやツバキ、サクラ、睡蓮など、多くの花...
丹州観音寺 あじさい
丹州観音寺の紫陽花2022見頃は?アクセスや駐車場、ランチも解説!丹州観音寺は京都府福知山市にあり、特に紫陽花で有名なお寺です。 『丹波あじさい寺』とも呼ばれていて、紫陽花が見頃となる6月上旬~7...

藤森神社の紫陽花の開花状況や見頃について

藤森神社の紫陽花の開花状況や見頃は?

さて、まずひまわりの開花状況や見頃について、ご紹介します。

見頃や開花の時期ですが、

・見頃は例年通りであれば、6月上旬~6月下旬ごろ

・開花は5月下旬~6月上旬ごろ

となります。

次に、これまでの開花状況についてご紹介しておきます。

ツイッターや開花状況を示しているサイトなどで過去3年分の開花状況を調査してみましたが、

・2021年は6月12日~6月21日

・2020年は6月12日~6月21日

・2019年は6月15日~6月24日

までが6分~7分咲き以上で特に見頃という投稿や写真が多くありました。

そのため、重複する期間が見頃となる可能性が高いと考えられることから、2022年について統計的には

見頃期間

・6月15日~6月21日

が6~7分咲き以上の見頃となる可能性が一番高いでしょう。

藤森神社の紫陽花の開花時期や見頃時期の表上記は藤森神社の紫陽花の開花時期や見頃時期の表となります。

藤森神社の詳細について

さて、紫陽花の見頃についてご紹介しましたが、次に藤森神社の詳細情報についてご紹介します。

藤森神社

拝観時期6月上旬~7月上旬(開花状況により変わります)     ※2021年は6月5日~6月30日でした
拝観時間9:00~16:00
住所〒612-0864 京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609
トイレ有り
拝観料300円 小学生以下無料
駐車場有り(有料)
あじさいの種類セイヨウアジサイ、柏葉あじさい、ガクアジサイ、アナベルなど
その他藤森神社では、あじさいを見ることができる場所が第一紫陽花苑と第二紫陽花苑の2ヶ所あります。

【イベントなど】

例年6月15日に神事としてあじさい祭りが開催され、献茶、神楽の奉納、翌日にはけまり奉納が行われます。

2020年は新型コロナの影響により中止となりました。
それと、もうひとつの見どころは手水にあじさいの花を浮かべた花手水です。
鮮やかな花手水が参拝者を迎えてくれます。

公式のURLをご紹介しますので、そちらも参考にして下さい。

参考URL:藤森神社ホームページ

藤森神社の紫陽花の駐車場やアクセスは?

駐車場について

藤森神社には無料の駐車場がなく、近くに有料駐車場がありますので、ご紹介します。

藤森神社第一駐車場

住所〒612-0864 京都府京都市伏見区深草鳥居崎町 610-1
営業時間24時間
収容台数約50台
料金8:00~20:00  60分200円(入庫後20分まで無料)、   20:00~8:00  60分100円、最大料金 24時間500円
距離藤森神社まですぐ

藤森神社第二駐車場

住所〒612-0867 京都府京都市伏見区深草直違橋片町 527-6
営業時間24時間
収容台数約30台
料金8:00~20:00  60分200円、20:00~8:00  60分100円、   最大料金 24時間500円
距離藤森神社まですぐ

藤森神社には近くに第一、第二駐車場の2か所あり、有料ですが、あわせて約80台の収容台数があります。

アクセスは?

藤森神社までのアクセスは下記の通りとなります。

車の場合

大阪方面から

(阪神高速1号環状線) → 東船場JCT → (阪神高速13号東大阪線) → 東大阪JCT → (近畿自動車道)→ 門真JCT → (第二京阪道路) → 巨椋池IC → 洛南道路/国道1号 → 市道188号 → 国道24号 → 現地

【所要時間】約50分 50km

神戸(兵庫)方面から

(阪神高速3号神戸線) → (名神高速道路/西宮線) → 京都南IC → 府道68号 → 城南宮道 → 竹田街道/国道24号/府道115号 → 墨染通り → 大和街道/奈良街道 → 現地

【所要時間】約1時間20分 69km

電車の場合

京阪「墨染駅」下車後、徒歩約7分、JR「藤森駅」下車後、徒歩約5分

まとめ

ということで、「藤森神社の紫陽花2022開花状況や見頃は?駐車場やアクセスも解説!」と題してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

内容をまとめておきますと、

まとめ
  • 見頃の時期は、例年通りであれば6月上旬~6月下旬ごろ
  • 過去3年の6~7分咲き以上の期間は6月12日~6月24日あたりだが、年により変動あり
  • 過去3年の重複した期間でみると統計的には2022年は6月15日~6月21日が6~7分咲きとなる可能性が高い。
  • 藤森神社は無料の駐車場がないため、時間貸しの有料駐車場に駐車すぅる必要あり

ということでしたね?

これから梅雨の時期に入っていくことで、見頃を迎える紫陽花。

雨の日が多い時期となりますが、この時期にしか見られないものですので、新型コロナ感染症対策をきちんと取っていただきながら、紫陽花観賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。