失敗しない ソーシャル分析 (第6回)

第6回:ソーシャルデータの分析方法 – キャンペーン効果測定

今回は多くの方が実施されておりますキャンペーン効果測定になります。
主に、広告代理店様、事業会社様など様々な業界の方が活用される分析方法です。

1. キャンペーン効果測定とは

広告・PR・キャンペーンなどの施策によって発生した投稿の内容を調査し、実施した施策が効果的だったかを調査する方法です。

2. 調査方法

1. 調査対象のキャンペーン内容の把握。
調査を行う前に下記の内容の把握を行います。
・キャンペーンの目的・内容
・キャンペーンの実施期間
・広告・PR・キャンペーンなどの施策を行う媒体
・キャンペーン対象となっている商品・サービス

2. キャンペーンの内容を把握した上でこの施策の成功の有無が判断できる指標を明確化します。
例)
・キャンペーン期間中の日別投稿推移
・キャンペーン前後の投稿量の比較
・キャンペーン前後のポジティブ/ネガティブの割合
・前回のキャンペーンのリーチ数との比較
・競合他社のキャンペーン施策との比較(投稿量など)

3. 調査対象期間
“2.” で決めた内容により調査対象期間を決めます。
例)キャンペーン実施期間:2週間

4. 調査対象メディアの選定
キャンペーン内容により、キャンペーンの内容が投稿されるそうな媒体を想定し、調査対象メディアとして選定します。

5. 抽出キーワードの選定
キャンペーンの投稿だとわかる指名キーワード(ハッシュタグなど)があれば、対象のキーワードとして採用します。
その他、キャンペーンの内容から想定されるものを一旦抽出。
分析の結果をみて、不要な投稿ばかり取得してしまうキーワードがあれば対象から削除します。

6. ソーシャル分析
“2.”で明確にした指標を確認し、ソーシャル分析を行います。
例)
時系列での投稿数推移と、投稿が伸びた要因を期間に応じて、週別、または日別で分析します。
ポジ・ネガ・中立の件数割合と、各キーワード別のポジ・ネガの件数を分析いたします。

問い合わせ・資料請求