失敗しない ソーシャル分析 (第1回)

第1回:ソーシャル分析は事前準備が最も大事

事前準備が最も大事!

 ソーシャル分析を行う場合の「事前準備」とは 「何が問題・課題で何を知りたいのか」 という目的を明確にすることです。
調査が失敗するのはこの部分を明確化せず、はっきりしないまま、なんとなく分析をはじめているのが原因である場合が多いです。
目的の例としては、
 ・キャンペーン効果の調査
 ・ブランド調査
 ・商品・サービス改善のための調査
などになるかと思います。

調査は目的に応じてデータを収集するところから始まりますが、この点が間違っていたら、いくら分析しても期待している結果を導き出すことはできません。
では、「事前準備」を行ない、失敗しないソーシャル分析を行うにはどうしたらよいのでしょうか。

「PPDACサイクル」がおすすめ!

「PPDACサイクル」 を活用してみてはいかがでしょうか。
PPDAC とは問題解決のためのフレームワークです。

 ・Problem(問題の発見・課題の設定)
 ・Plan(調査の計画・仮説の設定)
 ・Data(データの収集)
 ・Analysis(データの分析)
 ・Conclusion(結論)

と各段階に分けて考えます。
問題解決の計画を立て、客観的な情報やデータの取得・分析を通して検討し、新たな課題やアイディアに取り組むことができます。



失敗しないソーシャル分析を行うには最初の“Problem”、”Plan”が大変重要なのプロセスになります。

次回はこの2つのPについてご説明いたします。

問い合わせ・資料請求